【380】ウツボカズラのライバル!? サラセニア プルプレア SSP・ベノーサ!

読者の皆様こんにちは!
いつも閲覧有難う御座います。
ファーイーストエンタープライズです。


本日ご紹介致しますのは、当社取り扱い食虫植物の中から『サラセニア プルプレア SSP・ベノーサ』です。


画像



筒状の捕虫葉を持つことで知られる『サラセニア』。
この筒状の葉がお酒を入れる“瓶子”に似ていることから、日本では“瓶子草”の名でも古くから親しまれています。
一度見たら忘れられない独特の姿で観葉植物としても人気が高いです。


大まかには…【1】筒状葉が長く伸びるタイプ、【2】筒状葉が丸みを帯びた形状で長く伸びないタイプ、【3】【1】と【2】の中間タイプとに分けられます。
因みに、【1】のタイプのサラセニアは切花としても使われています。


今回ご紹介している『プルプレア SSP・ベノーサ』は【2】のタイプになります。
成長しても大型になりすぎず、コンパクトにまとまるインドア園芸にも向くタイプです。
丸みを帯びた捕虫葉をロゼット型に展開する姿はとっても可愛いですよ♪


画像



勿論、食虫植物としても優秀なサラセニア。
たっぷりと蓄えた捕虫液で虫を捕まえますよ!


画像


画像



この筒状の葉を見ていると、『ウツボカズラ』に負けず劣らずの捕虫能力がありそうですよね!
『ウツボカズラ』のライバル!?笑


因みに、同じ『プルプレア SSP・ベノーサ』の中でも葉色の個体差があるようで…。
(そういえば、先日ご紹介した『ウツボカズラ アラタ』(※過去記事【371】http://61211399.at.webry.info/201707/article_13.html参照)も個体差がありました。)


当社在庫の中で見てみると、緑色が強い個体・赤みが強い個体・その中間位の個体…が見られますね。
幾つかの個体を写真に撮ってみました。


緑色が強い個体
画像


赤みが強い個体
画像



尚、今回画像は用意出来ませんでしたが、上手に育てると春~初夏にこれまた独特かつ奇妙な形をした花を咲かせることもあるようです。
是非花も実際に見てみたいものです。


基本的な管理方法としては、日光を好む植物ですので年間を通して日に当ててあげることが大切なようです。
ただし、真夏は直射日光に当てると葉焼けしたりするので要注意!
食虫植物の中では寒さには強い方ですが、あまり寒すぎると休眠から目覚めず凍死することがあるのでこちらも注意して下さいね!


水遣り方法としては通常の水遣りも可能なようですが、腰水(※受け皿に水を溜めておき、鉢底から水を吸わせる方法)がオススメです。
腰水の場合、真夏は水が温まってお湯になってしまうことがあるので要注意!
真夏は小まめに水を替えてあげましょう。
真冬は受け皿の水が凍らないように気を付けて下さい。


サイズは当社取り扱いの他の食虫植物同様、3号鉢(直径9cmの黒プラ鉢)入りサイズとなっております。


画像



独特の形状の捕虫葉が人気のサラセニア。
かっこよさすら感じるスタイリッシュな姿がたまりませんね!


食虫植物は『ウツボカズラ』や『ハエトリ草』だけではありません。
是非この機会に『サラセニア プルプレア SSP・ベノーサ』もよろしくお願い致します!(^^)v


画像



詳しいお問合せ先は当社ホームページをご参照下さい。
【ファーイーストエンタープライズ 公式ホームページ】
http://www.fareastkoi.com/index.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック